前回のブログから引き続き、ハワイ旅行へ向けた準備編になります。

パスポート番号を取得したらやるべき事は2点、ANA航空券への紐付けとESTA申請(*1度申請すれば2年間有効です。)ANA航空券への紐付けはANAのマイページからパスポート番号を入力するのみですぐに完了です。

ESTA取得

対応するのに難易度としては難しくないですが、うっかり忘れそうになるESTA!アメリカ行く人は注意が必要ですよね!
私の身近での話として、会社の同僚がワクチン接種が条件で海外渡航がOKとなった際にアメリカ出張となったのですが、ESTAの取得を忘れていることを成田で気付いたがその時では遅く翌日のフライトへ取り直しとなったと言う話を聞きました。コロナ前では最悪空港で気が付いても、その場で申請しておけば間に合うみたいな話もありましたが、2023年の今では事情が異なるようです。アメリカ大使館のHPでは”渡航の72時間前には申請すること”を強くお勧めすると書いてあります。

あと21ドル/人の申請料金は円安の今なかなかのイタいですよね、、、

ESTA申請自体は30分もあれば終わります。渡航への準備という意味では、承認メールをすぐに画面として見せることができるようにGmail上でフォルダ分けしておいたというくらいです。何か入管申請などで使う事はありません。

ホテルの予約 (HGVC)

航空券や渡航の準備を進め、マウイで泊まる場所(3泊)は先に予約完了していたのですが、残りはオアフ4泊での宿泊地を決めることが残っています。
HGVCオーナーであるので今回は、ホクラニはそこしかない時のみの最終手段にして、ヒルトンハワイアンビレッジのタワーを狙っていました。マウイを予約した時点で残りは2泊分のポイントしかなく、オープンシーズンと言うポイントを使用しないで予約できるスキームでの予約を目指しました。オープンは宿泊まで1ヶ月を切らないとできないので8月下旬から毎日HGVCで部屋の空きをチェックする日々でした。

Wifiの手配

私たち夫婦のiPhoneはどちらもSIMロック解除しているので1台のSIMを使ってどちらが常にオンラインになれる状態になれれば良いかなと思ってましたが、wifiを手配することにしました。
特に会社にこだわりはないので比較サイトから選びました。

成田で受け取り・返却を選んだのですが、まさかの成田着いてから浮かれ過ぎたのかWifiを受け取るのを忘れるという、、、
泣く泣くハワイに着いてから受け取りを忘れた旨を問い合わせフォームから伝えました。まぁもちろんキャンセル料100%でした。

仕方なく、全ての日程でホテル・公共wifiで乗り切りましたが^^

海外旅行保険

以下の記事にてまとめています!