2023.09よりマリオットボンヴォイアメックス プレミアムカードのオーナーになりました。
オーナーとしてガンガンマイル貯めて行きたいのでカード申し込みまでの経緯と覚えておくべきサービスをまとめます。

なぜマリオットボンヴォイアメックス プレミアムを選んだ

  • 陸マイラーになろうと思った
  • 400万以上/年の支払いでプラチナエリート会員も狙えるから(我が家にとってはややチャレンジング)
  • 年会費分でホテルに宿泊できるから(150万/年の支払い条件有 これは余裕でクリアできそう)

ケロタン氏

150万/年=月12.5万の生活費決済が見込めない人は、特典を活かすことができないので向いてないとなります!

ザッと上記3点ですが、やはり改めてマイルの力を思い知ったというのが大きいです。

以下詳細です。

2023年9月にコロナ明けで初の海外旅行へハワイへ行ってきました。2019年9月以来です。何よりも航空券の高さに驚きました、、、まだコロナ明けと円安で需要も戻らず、機材自体が少なくチケット代の値が下がらないこともあると思います。今回の旅行費全体の6割を航空券代に費やしてました。
もちろん家族が4人になり上の子が6歳になり、その分フライト代に上乗せになったりと状況の変化もありますが、やはり1人分ないしそれ以上の航空券代をタダにできるマイルすごいわとなった次第です。

ちなみに、、、以前はANAカードを使用してポイ活も若干しつつでスカイコインなども駆使してお得にハワイに行ってた方だと思います。私はHGVCのオーナーでもあったので、2018年に1歳半の息子と3人でハワイに行った際は旅行費総額で20万強でした。(今回はその3倍ほど、、、)
コロナになりANAのマイルも使い切りどこのエアラインでもいいやとなり、クレカもJCBザクラスのインビが届きザクラス様全集中でした。そのツケが、、、これからは心機一転、マイル修行を再開して行きます!

パパライオンmuppy

これからは陸マイラーとしてガンガンマイル貯めるぞ!

まずは目指せハワイ往復分の特典航空券

そして、いつかはフライングホヌのファーストクラス!

目標は?

パパライオンmuppy

ハワイ往復/人のマイルを2024年夏までに!

今回を機にユナイテッドのマイレージ会員になりました。ボンヴォイポイントからの交換率が最も良く、ANAと同じアライアンスのためユナイテッド経由でマイレージを貯めていこうと決心しました。ただ、調べていくとハワイ路線はANAの3倍のマイルが必要の様子、、、ANAだとハワイ路線が席取り合戦の様相に対して、席の押さえ易さはユナイテッドのようです。ユナイテッドは変動制ということもあるようでANAと様子を見つつで行こうと思います。

ユナイテッドにメインにした理由を以下の通りザッと箇条書きします。

ANAとアライアンスが同じなのでユナイテッド航空経由で特典航空券として国内のフライトに使用できる

  • 片道5500マイル(札幌・福岡・鹿児島)/8800マイル(沖縄・宮古島) (出発21日以内だと500/800マイルup)
  • 当日1時間前まで発券OK
  • キャンセル・変更が無料(早めに空港着いたら一つ先の便に乗るなんてことも)
  • 第三者発券OK
  • 国際線は日本ー東南アジア路線のエコノミーが最もお得
  • 片道利用がOK(ANAマイルは往復必須)
  • 燃油サーチャージ不要(国際線に限りますが、燃油高の時こそ還元率がよりお得になるということ!?)
  • マイルの有効期限が無期限(コロナのような不測の事態でもマイル消滅のリスク無)
  • マイルを購入できる(ANA・JALであとちょっとで、、、と言う経験ありませんか?)
  • ロケットマイルズという爆発的にマイルを貯める旅行予約サイトがある

ケロタン氏

UAとANAを使った裏技

事前にUAで予約して、1週間前にトクたびマイルの路線が出たら、ANAで取り直しUAのチケットをキャンセルする(無料)

参考までに国内のマイルチャートです。

初心者オーナーとして注意すべき点は

カードオーナーとして理解しなきゃな点を自分自身への備忘録含めて記載していこうと思います。

①紹介特典を取りこぼさない 
紹介で入れば合計で45000ポイントがゲットできます。これは逃さずに狙いましょう。
私はちょうど大きな買い物があり即クリアできました。

ちなみに紹介特典の内訳は以下となります。

  • カード発行後30万円の利用:30,000ポイント
  • 30万円利用時の通常ポイント:9,000ポイント
  • 紹介制度ボーナス:6,000ポイント

ケロタン氏

紹介特典は絶対にやるべきです!!!

紹介コードお渡しできます!紹介コードget!

②カード利用の還元率は1.25%
(航空系クレカで通常1.5%が主なので、やや劣りますが私はマリオットとの併用も考慮し可としました)
とにかく生活費での支払いをザクラス様からボンヴォイへ移行していきます。

③旅行保険について
  利用付帯のため、飛行機代やツアー代の旅行代金の支払いをしている必要があります。

④その他 覚えておくべき便利なサービスは?
  手荷物無料宅配サービス  →帰国した際に空港から自宅までスーツケースを1個無料で宅配で送ることができる
               家族カードも1個無料で送れる!
  Payサービスとの連携   →電子マネーのチャージではポイント対象外、au Pay・d払いでは1.5%

デメリットは?

・年会費が高い
 軽くは出せる金額ではないですよね、、、しっかりと年会費以上にバリューが出せるかは確認すべきですね。

しかし、ホテルでの使い勝手も良く、マイルへの還元率も高いので旅行好きには必須の一枚と言われる最強カードであることは間違えないです。

・プライオリティパスがつかない
 我が家はザクラス様の恩恵があるのですが年会費に対して、プライオリティパスが付かないのは残念な点だと思います。しかし、2023年のハワイ路線を使用して思いましたが、子連れだとキッズ広場で遊ばせるなどするのでそもそもファミリー旅行ではあまりプライオリティパスの強さは活かせないかなと思いました。

2024年のシュミレーション

カード払いできる生活費のほとんどをカード払いしている我が家が年間使用するカード額は約300万強となります。
300万*1.5%=9万マリオットポイント
これをユナイテッド航空のマイルに変換しますが、なんと2023年10月現時点で2:1(元は3:1.1)に改良されているとか!
9万から4.5万のユナイテッドマイルになるとハワイ往復分若干届かない、、 けど国内なら5500路線で4往復分!
しかし!ボーナスキャンペーンがあれば2023年同様に30%増量だと13500マイル追加されて5.8万のユナイテッドマイルに!

ANAだと3:1で3万マイル 今現在手元に1万マイルあるのですが、ハワイに若干届かないw

パパライオンmuppy

生活費だけのポイントでは限界がありますね、、、
ポイ活する必要が出てきました


更に秋の時期に30%増量キャンペーンが毎年行われているようです!これは覚えておかなきゃなキャンペーンですね!
12月がアメリカのホリデーシーズンなのでそこに向けたユナイテッドの施策なんでしょうね。
  *但し、ボーナスポイントは上限25000ポイントとなる点は注意が必要