こんな人向けの記事です(読了目安時間3分半)
  • ANA フライングホヌのカウチシートについて知りたい
  • カウチシート3人席で家族4人行けるのか気になる方
  • ハワイ旅行のブログを読みたい
  • 赤ちゃん連れ(10ヶ月)ハワイ旅行のブログを読みたい
  • 渡ハ歴 8回の家族がどのように行動しているか知りたい
  • コロナ明け ハワイ旅行がどんな感じが気になる 

パパライオンmuppy一家の登場人物・・・パパ、ママ、子鉄(6歳年長の長男)、おにょにょ(長女10ヶ月)
旅行した時期・・・2023年9月下旬から10月上旬の1週間! 約4年ぶりのハワイ旅行!
旅行概要・・・オアフ島4泊、マウイ島3泊。HGVCオーナー。ハワイ8回目

 (文字数 約2,900文字 目安時間3分半 *800文字/分で計算)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: muppy%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB-1024x576.jpg

出発当日の搭乗までの以下ブログにて紹介しております。

赤ちゃん連れでのハワイ旅行、成田空港で子ども達を疲れさせるミッションを終え、いよいよテンション爆上げの機内搭乗へ。パパが待ちに待ったA380初搭乗と初カウチシート!赤ちゃん連れの家族のフライトやいかに!?

子鉄

Youtubeはこちら!

カウチシートとは?

カウチシートとは、エコノミー座席の3席ないしは4席をベッドのようにすることができるシートです。
日本の航空会社だと、ANAがハワイ路線で使用しているA380の3機のみです。その他にもニュージーランドエアーが導入しています。パパはエアアジアでマレーシアに行った際に、離陸後に空いている座席へ移動して横に寝ている人を見たことがあります。それはなんちゃってカウチですがw

ホヌ様

シートベルトは?って疑問に思うでしょ?
カウチ専用のシートベルトが配られるので横になっている時も安心です!


通常飛行機で横になるって、ビジネスクラスのように高額なチケット代を支払うかガラガラの飛行機に乗るかじゃないとできないです、ハワイ路線でガラガラなことは稀かとw
カウチはそこまで高額な費用を掛けずに飛行機で横になって寝るを実現してくれるサービスです!(とはいえ往復すれば数万します、、、)

3人席なら9,600円/片道(1人につき追加ではなく、1家族9,600円)から利用できます。

おにょにょ

全てのエコノミー席が対応しているのではなく、フライングホヌだと最後方6列(71~76列目)の計18組分がカウチシート仕様となっています!

ANA HP https://www.ana.co.jp/ja/jp/guide/inflight/service/international/couchii/

4人家族で3人席!? 経緯について

4人家族なのになぜに3人席を選んだの!!
と疑問に思う方もいると思いますので経緯を説明したいと思いますw

まず、ママにも後からこのことに突っ込まれましたw 
4人席にしようと!
実は、あまり航空券を予約する際に深くは考えずに以下理由で予約しました。

  • 窓側の席でハワイ到着前の綺麗な景色を見たかった
  • ケチって安い方を選んだw  
    赤ちゃん分は抱っこ(その場合は大人運賃10%の運賃、座席1席分にすると小児運賃で大人運賃75%の運賃)を選択したのでカウチで4人席を選択すると24,000円(ローシーズン)となり3人席と比較すると15,000円分の差額は大きいと考えました。円安対策で抑えるとこは抑える政策です(泣)

パパライオンmuppy

ブログやYoutubeでカウチの予習をしましたが
4人家族で3人席カウチの情報はもちろん無かったですw

子鉄

予約後にANAのキャンペーンでハワイ路線に搭乗すると15000スカイコイン/人のプレゼントがあり、カウチ分を相殺できました!
ツイテる🎵ツイテる🎵

機内でのカウチ体験記

結論、子連れには最高のサービスでした!
大人もあぐらで座れますし、そのままの状態で機内食も食べれます。
4家族で3人席はやや無理がありましたがw
少なくとも子どもたちの負担はかなり減らすことができたと思っています!!

ママと子鉄がトイレに行ってる間の写真
↓あえてごちゃごちゃな写真もw

10ヶ月のおにょにょはハイハイで興味あるとこにズンズン進むタイプの赤ちゃんなのでベッドになることによって座席に頭をぶつける不安が軽減します。
飛行機って結構尖りが多いということに改めて気付かされます。
まぁそれでも動き回ろうとするし、残念ながらカウチでも完全にぶつける不安は無くせるかというとそうでもないです。


大人に関しては、パパかママどちらかが多少ストレッチがかかる状態ではありますが横になれます。
私たちの場合はパパと子どもが横になり、ママは横にならずあぐらで背もたれに寄りかかる通常の体勢でした。
まぁ子連れだとパパママは寝たような寝てないような感じです、、、1日目は辛かった〜

窓から2席分をカウチにしている状態です。パパは壁に寄りかかってiphoneで撮影しました。
奥のママの座席は通常のままでおっぱいを上げています。
こんな感じで状況に応じ好きなシートアレンジをすることもできます。

カウチサービス開始
離陸後に安定飛行となりシートベルトサインが外れる頃にカウチ専用のシートベルトが配られます。そこで足元のスペースがベッドとなるカウチ部分を引き上げることができ、座席がベッド仕様に!

機内食
カウチ用のシートベルトが配れてから、機内ではCAさん達が最も忙しい時間ですね。
我が家の裏技テクニックになるのですが、機内食では特別食をチョイスすることをオススメします!なぜなら通常の機内食よりも先に配られるので食後のトレイに行くタイミングを混雑する時間の少し前にずらすことができるからです。
パパは通常の機内食、ママは特別食でした。子鉄はアレルギー持ちなので特別食マストとなります。
特別食は事前にリクエストする必要があるのでご注意ください。予約画面から簡単にできますよ!

カチカチのハーゲンダッツのサービスも!これはすごく嬉しかったです🎶

子鉄

アレルギー対応のアイスもあり、子鉄大喜び!

睡眠
今回子ども達は無事に寝てくれました。過去のフライトで飛行中ずっと泣いている子連れファミリーがいたのを思い出しました。うちは何事もなく寝てくれて心底感謝です!
とはいえママは少しぐずった時にはすかさずおっぱいを上げるなどママは熟睡できたものではないですね。横にはならずにあぐらで背もたれに寄りかかり寝てましたのでエコノミー席と状態自体は変わってないと思います。
一方、パパは横にはなれましたが、どこかしらにストレッチがかかる状態ではあったので頻繁に体勢を変えたりと、寝たけど深くは寝てないなーという感覚です。カウチは追加で枕も付いているので席と窓の間のスペースをうまいこと使いました。

子ども達は、なぜか折り重なるようにして寝るというw

機外モニター
A380ではない機材でもサービスがあるか不明なのですが、今回のフライングホヌでは飛行機前方のカメラ・飛行機下方のカメラ・尾翼カメラと3つの種類のカメラがモニターを通じてみることができました。子どもが大喜びだし大人の私も楽しめました。すごく良いサービスだと思います!!

着陸体制
シートベルトサインが点灯し着陸へ向けたファイナルアプローチになるとカウチシートベルトを返却します。家族連れとなると座席の上がいろんな物でわちゃわちゃしているので一苦労ですw
CAさんからも事前にお声掛けしてくれます。

巨大な飛行機のデメリットは?

最大520人を運んでくれるフライングホヌは普通の機材の倍するので、以下3点のデメリットが挙げられると思います。
実際のところを個人的な意見になりますが、レポートしたいと思います。

①ハワイに到着した際の税関が混雑する。
フライングホヌだから混雑するという印象は受けませんでした。いつも通り20〜30分で税関は通過しました。
パパの記憶では赤ちゃん連れだと優先レーンがあったと思うのですが、今回は何もなくスルーされましたw
(特に優先レーンといった列もなかったです。)

②預入荷物の時間がかかる
倍に時間がかかるという印象はありませんでした、税関を通過して10分以内でレーンが動き出し物凄く待ったということはなかったです。

③機内食の提供に時間がかかる
人数に応じてCAさんの数が配置されていると思うので、この点は全く問題無しです。
今回のフライトでは20人の乗務員がいるとアナウンスされ子鉄とすごいね〜と話してました。
ANAらしいきめ細かいサービスは健在でした!

次もANA カウチを使う?

パパライオンmuppy

即答できません!(笑)

初めてのカウチシート、すごく良い体験をしました。
子ども達が横になれて寝れるし、飛行機に乗った瞬間にハワイだし、モニターや窓が巨大だし!
子どものフライングホヌへのインパクトは大きいw 大好きになってました!
安全ガイドのビデオにもホヌのキャラクターが登場するので、その後大阪行くのにANAに乗った際はホヌ様出てないと残念がっていたほどです^^

しかし、次も絶対にカウチ!という域には残念ながら達してません。
今後も成田発と羽田発で金額差縮まれば我が家は空港までの移動が圧倒的に近い羽田発を選ぶでしょうし、片道9600円は一考要する額ですよね。

とはいえANAはA380フライングホヌで頻繁にキャンペーンを出してますし、A380という稀有な機材を使ったANA Hawaiiは大人も子どももテンション爆上がりすることは間違えないので、一度は体験してみるのをオススメします!

おにょにょ

再掲です!
YoutubeでもVlogとしてまとめてますのでぜひご覧ください!

さぁ4年ぶり赤ちゃん連れ初ハワイの始まりです!乞うご期待ください〜
Mahalo!